仕掛ける側と仕掛けられる側


こんにちは、みさわです。

 

稼ぐためには

やはり強い意志が必要なのは言うまでもありません。

 

日々の生活が安定していると
どうしても甘えが出てしまうものです。

 

あなた自身の生活で完全に余裕なければ
もうヤルしかないんですよ!

 

そして稼げない人の多くは片手間で出来るとか
楽して出来るとか
そういったものを求めてしまいがちです。

 

たしかに楽して稼ぐのが
このアフィリエイトの醍醐味なのですが
それはある程度基盤がしっかりと出来上がっている人の事であって
最初から楽して稼げると言うのはありえないのです。

 

この業界って仕掛ける側と仕掛けられる側に分けられます。

 

最初は殆どの人が仕掛けられる側にいるのは当然です。

 

例えば

「3タップで稼げます」

という商材があるとしましょう。

 

これを見て

「これならオレでも稼げるかな」と思う人と

「3タップで稼げる仕組みをどのように売り出しているのだろう」と思う人がいます。

 

まさにこれが仕掛けられる人と
仕掛ける人の違いなのです。

 

これはまさに視点の違いであり

一部分を見る人と全体を見る人の違いでもあります。

 

前にも言ったように
枝を見るのか木全体を見るのかという事です。

 

以前の記事⇒いつまで糞商材や塾に踊らされているんですか?

 

これを意識したうえで
塾や教材を利用していかなければなりません。

 

むしろこれが分かっていれば
どんどんあなたのスキルは上がっていくはずです。

 

教材や塾に入って
これだけで稼げごうと思っている人は
仕掛けられる側になっているんです。

 

では無く

この塾や教材を
どのような形で売り出しているのかを
考えていくのが「仕掛ける側」の考え方なのです。

 

塾や教材を手にしたからといって
そのノウハウや手法を学ぶだけでなく
更に追求していかないといけません。

 

儲かる方法だけに囚われていては
伸び悩むのは確実です。

 

そして儲かる方法だけに囚われていると
仕掛ける側の策に引っ掛かり
意味も無くノウハウを買い漁ることになりかねません。

 

無料オファーでもセールスレターでも良いですから
常に仕掛けている側の視点で物事を視るようにしてください。

 

全体像を見て視点を変えて下さい。
⇒コチラ

 

ps
作業する内容が難しいからと言って避けてる人ほど
楽な方向へ進んでいきいろいろな教材や塾に目移りするものです。

もうこの段階で
プレナー側(販売者側)の策に引っ掛かっていると思って下さい。

最初はひたすら人の倍以上やってやる!という
気持ちで作業するべきです。

 

みさわのレベルがどれほどのものか
確認してみてください⇒コチラ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ