穴場キーワード?それだけで記事書いちゃうの?

穴場キーワード?それだけで記事書いちゃうの?

どうも、みさわです。

 

前回の話では
穴場のキーワードが見つかっても
コンテンツ(記事)が書けないのなら書かなくて良いとお伝えしました。

 

やっつけ仕事みたいな記事を書いていても
一時的には上位に上がりますが
すぐに下がってしまうのです。

 

なので
キーワードのジャンルに関して全くの無知であるならば
しっかりと知識をインプットした上で
コンテンツを書いていくべき
です。

 

そして今回はもう一つ
キーワードについて重要な事をお伝えしていきます。

 

あなたが見つけた穴場キーワードで
記事を書いていく場合、

そのキーワードでどれだけ関連した記事を
書いていけるかということです。

 

個々によってその知識はもちろん変わってきますが
記事のネタをどれだけ見つけてこれるかは非常に重要な所です。

 

ということは
幅広いジャンルをカバーしているキーワードの方が
ブログの記事更新も楽なのは確かです。

 

しかしあなたが最初にブログを作るのなら
ターゲット層を明確にするために
特化したブログを作るのが一番効果的
だと言えるでしょう。

 

具体的に言えば

「男性用シャンプー」
のブログを作り男性にオススメのシャンプーを紹介するよりも

「スカルプD」に特化した
ブログを作るという事です。

 

特化型ブログというのは
ターゲット層をしっかり絞っているので濃いアクセスなのは
言うまでもありません。

 

正直経験上、
最初の内はあれもこれもよくばった
デパートの総合結社みたいなブログを作るのは止めた方がいいです。

 

僕自身も最初の頃はあれもこれもよくばって
いろいろな商品を並べていたECサイトを作っていましたが
売れても月に一個か二個だったし結果は散々なものでした。

 

しかもアフィリエイトじゃなかったので
在庫を抱えてしまい最悪でしたね。

 

なのでブログにせよサイトにせよ
作るのであれば最初は特化型にしろって事が言いたいです。

 

もちろん慣れてきて
平行展開できるなら全然構いませんけど
あくまでも最初に作るならって事です。

 

ここでキーワードについてまとめると

 

穴場キーワード見つけたとしても
コンテンツが書けないのなら
乗るべきではない。

そのキーワードを掘り下げて
記事がたくさん書けるかが重要。

 

まぁこういう事です。

 

アクセスが良さげだと思って飛びついたキーワードでも
最初は更新頻度が高くても時間と共に更新することが困難になってくるものです。

 

要は書けるコンテンツが無いから
無理やり捻り出したりする状態になるんです。

 

こうなってくるとストレスだけが溜まり
更新しなきゃいけない不安感に襲われてきます。

 

そして最終的には報酬が下がって行き
ブログの更新が止まることになります。

 

これきっちり止めて
他のサイトなりブログに移行するのは良いけど
手塩にかけたブログが可愛いんだか何だか知らないけど
中途半端に更新し続けていくと時間だけを消費していきます。

 

やり続けてればきっと結果が出ますから・・

間違いではありませんけど

 

意味も無くだらだらと更新し続けても
結果は出ませんから・・

こっちの方がより正しいと思います。

 

というか僕自身がそうでしたから身に染みて分かるんですよ。

 

PS
次回は更に更にキーワードについて深く突っ込んでいければと
思います。

 

≪PR≫
穴場キーワードを探すのがメンドクサイ・・
ライバルチェックに時間をかけてられないって時に
重宝するキーワードツール
今のとこコレが最強だと思いますよ。
コチラ

お宝キーワード探しをスマホだけで行える画期的なツール
出先とか電車の中とか空き時間を有効に使いたいって時に
コチラ

 

みさわのレベルがどれほどのものか
確認してみてください⇒コチラ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ