集客サイトの記事更新を有料級レベルの内容で公開します!


どうも、みさわです。

 

前回の記事で集客サイトのカテゴリ構成や
記事タイトルの作成について説明してきたと思います。

http://wp.me/p4GVvw-oq

 

今回は記事作成についてお話ししていきます。

選んだタイトルで思うように自分で書けるのであれば問題ありませんが、
自分があまり良く分からないジャンルの場合はどうすれば良いのか?

 

この場合に最も役に立つサイトが
お悩み系サイトの定番でもあるヤフー知恵袋です。

 

 

前回選んだ
「趣味が合う友達を作る方法」というキーワードで検索をかけてみます。

 

似たような質問がズラーっと出てきますよね。

 

例えばこの質問を見てみます。

 

 

 

質問を良く見ると、
自分はアニメ好きだから
周りからアニオタと思われると友達が出来ないんじゃないか・・・
という不安が見えてくると思います。

 

オタクと思われると仲良くしてもらえないんじゃないか・・
こういった不安があるってことです。

 

その悩みに対する回答を調べてあげるのです。

 

もう一つ

 

この場合は30歳のひきこもりでも友達は出来るのか?という悩みですよね。

 

まぁネタで釣ってくる質問だったり
自作自演の質問もありますけど、
要は悩んでいることに対して
しっかりと答えを導き出してあげることが大事なのです。

 

更にもう一つ

 

これに関しては要はネット上でタダで友達が欲しいってことですよね?

 

しかも異性の相手と友達になりたいって願望があるわけです。

 

この質問に対する回答を用意してあげるのです。

 

ネット上で友達を作る方法なんていっぱいありますよね。

 

SNSなどはタダで利用出来るんだし、
そういったことについて詳しく書いていけば良いんです。

 

回答を用意するためにヤフーやグーグルで検索していきます。

 

ヤフー知恵袋で見つけた悩みを検索にかけていくのです。

 

 

 

「趣味が合う 結婚」
こっちのキーワードで見た場合

 

見ていけば分かりますが大体が

趣味が合えば結婚できるの?とか
趣味が合う人と結婚した方が良いよね?とか
趣味が合う人と結婚したら失敗しないよね?とか

まぁなんとなくイメージできるレベルですよね。

 

もっと見てみると
趣味が合う人と結婚したけれど
浮気心が芽生えてしまった・・というのもあります。

 

その人たちの悩みや質問に対して
解決できる答えを探してくるわけです。

 

質問⇒回答

この考えでいけばどの内容でも
ググるだけで書くべき内容が分かってくるはずです。

 

情報発信者のイメージを確立させる

ただですね。

ここで気を付けるべき点は読者に対するあなたのイメージです。

 

あなたが経験した答えを書いていくのか?
(実際に経験していなくても、そのようなスタンスでという意味)

あなたが経験したわけじゃないが他人の答えを書いていくのか?
(第三者的な目線で記事を書いていく。)

 

このあたりは自分のキャラ設定となる為
今後記事を追加していくのであればしっかりと設定をしておいてください。

 

行動してもらえるように読者に意識させる

ここで作るサイトは集客サイトであり、かつ特化型のものです。

なのでいろいろなジャンルやテーマを放り込むサイトでは無く
一つのテーマに絞った内容でサイトを運営していきます。

 

読者に対して何を発信していき、
読者に対してどういった行動をとってもらいたいのか?
これを常に考えるべきです。

 

最終的な狙いは自分のメインサイトに誘導して買ってもらう事!
(言葉は荒いですが、どストレートに言えば当たり前の事です。)

 

今回の趣味友を作ると言う事で言えば
自分自身が経験してきた目線で話すのか?

それとも第三者の意見を取り上げる形で話していくのか?

そしてあなたが話した内容を
読者にしっかりと理解してもらい行動に結びつけることです。

 

決して売り込むのでなく価値を提供してあげると言う事です。

 

「あなたの発信している情報を参考にしたいと思わせる」
「あなたのサイトは価値があると思わせる」
「メインサイトに飛んでもらい商品やサービスを欲しいと思わせる」

上記のようなポイントがあるわけです。

 

アフィリで記事を更新し続けても
アクセスは大量にあれど成果に結びつかないっていうのは

曖昧に記事更新だけを済ましているからです。
(もちろん大量にアクセスがあればクリック型課金(アドセンスなど)のアフィリだけで対応できます。集客サイトに関してはクリック型課金の広告も取り入れていきます。)

 

これが出会い系やライブチャット系なら一件3,000円とかザラですし、
アダルト月額サービスなら毎月1000円とか継続的に報酬が入ってくるわけです。

 

今回のポイントは出会い系だけでなく他の物販でも当てはまるはずです。

 

メインサイトへの誘導

集客サイトに関しては
10記事ほど書いてからアクセスが少しでも集まってきた段階でメインサイトへの誘導を始めて下さい。

 

もちろんこの時、記事の中に外部リンクは貼ってはいけません。

 

全て完成系にしたい気持ちは分かりますが、面倒でもそれは後で行ってください。

 

ついでに言うなら後日、昔の記事を修正していく感じです。

 

さて次回は集客サイト単体のキャッシュポイントの方法と
メインサイト、集客サイト作成における一連の流れに入っていきたいと思います。

 

PS
何気ない記事であればいろいろな人に出会ったり
環境を変えることで多くのアイデアが生まれますが
もともと決められたテーマの記事を書く場合はそんなことをしても書けるのか?と言われれば答えはノーです。

やはりそのテーマに関する情報をインプットしていない限り
新しい記事を生み出すのは難しいはず。

もちろん、
同じ記事を違った視点で見ることで
全く別の記事を書くことは出来ます。

しかし、全く新しい内容の記事を書く場合は
情報をインプットしてからアウトプットする、
基本中の基本ですがこれは当たり前と言えるでしょう。

自分が見て思ったことや感じたこと。
自分が体験して思ったことや感じたこと。
自分が実践して思ったことや感じたこと。

人は誰でも情報を得ているからこそ、
その過程だったり体験談だったり、
それについての感想などを書けるわけです。

人との会話、
無意識にテレビを見ていたり、
何気ないネットサーフィンでも同じことです。

インプットの質は劣るかもしれませんが
何気ない日常生活の中で自然と情報をインプットしているのが分かるでしょう。

とにかく深い記事を書くのであれば
やっぱり濃いインプットは大事だよなぁと思うわけで
そのための環境作りなら強ち正しいかと思いますね。

 

あなたの応援クリックで
ブログ更新が出来ています!
今後ともよろしくお願い致します。

コチラ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ